このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
開催概要 カリキュラム 研修日程・申込 企業研修 お問合せ

(注)本コースの主催は株式会社ラックです。

【コース概要】
組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。
座学で事故対応のノウハウを学習した後、ファイアウォールやサーバで構成された実機環境を使用し、実際に事故が起きた想定で演習を行います。
お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う方はもちろん、サーバのログ調査を行うシステム担当者におすすめです。


※本コースは「再割」対象外となります。


ID/パスワードをお忘れの方はこちら

開催概要

受講対象者
・組織の責任者の方
・情報セキュリティ担当者
・システム担当者および責任者
・リスク管理部門
・各部門のリーダー、メンバー
前提条件
特になし
主催
株式会社ラック セキュリティアカデミー
※コース実施のためお客様の個人情報を株式会社ラックに提供させていただきます。
開催期間
・2017年12月7日〜12月8日
・2018年3月1日〜3月2日 
定員
20名様(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
金額
通常価格:180,000円(税別)
費用に含まれるもの
会場
株式会社ラック セミナールーム
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
(最寄り駅地下鉄 永田町駅4番出口から徒歩1分)
http://www.lac.co.jp/corporate/map01.html

受講特典

カリキュラム

【講座内容】10:00〜17:30

1日目:インシデントレスポンス実践編I
組織において発生する事件・事故に対し、事業継続の考え方を踏まえたポイント(考え方、対応の仕方、対応例)を学習し、システム担当者・管理者を中心としたインシデント発生を想定して、実機環境を利用した訓練で実践します。
・インシデントレスポンス概要
・訓練方法と進め方1
・訓練1(実機訓練形式)
・報告書作成
・レビュー、発表会

2日目:インシデントレスポンス実践編
実際のインシデントレスポンス対応事例と1回目の訓練結果を踏まえて、組織の責任者(CSO、CIO などを含む)を中心としたインシデント発生を想定して、ロールプレイング訓練形式で実践します。
・インシデントレスポンス事例紹介
・訓練方法と進め方2
・訓練2(実機訓練形式)
・報告書作成
・レビュー、発表会

ID/パスワードをお忘れの方はこちら

関連コース

関連コース

企業研修(講師派遣)

お問合わせ

リコージャパン株式会社
研修事務局
TEL: 0120-165-340
東京都中央区築地5−6−10 浜離宮パークサイドプレイス
平日 10:00〜17:00 まで受付(土・日・祝日はお休みとなります)
ここまで本文です