このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
2件のセミナーがあります。( 1 〜 2 件を表示 )   ページ目へ移動

本コースは、首都直下型地震を想定し、地震の揺れのおさまった直後の意思決定、役割行動を問うシナリオを用い、図上でBCPをシミュレーションするコースとなります。

大規模地震災害の実際に起こりうる事業継続に係るリスクシナリオを用いて行いますので、事業継続の目的や重要性を訓練で体感できる内容です。

研修期間
随時(講師派遣コース)
定員
20名様(最少4名から実施。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
参加費
個別見積り

大規模地震・新型インフルエンザ・テロなど企業経営を脅かす危機への対応として、事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)の構築への関心が急速に高まっています。
しかし実際にBCPを構築し対策を実施するためには、災害時のイメージがわかない・対策に関する情報が不足しているなどの理由から、対策の必要性を理解しながらも、事業継続の考え方を経営戦略に取り込み、具体的な行動計画である「事業継続計画」にまで落とし込んで整備できていないケースも多いのではないでしょうか。

本コースではBCP の必要性と概要をBS25999(ISO22301)等の国際的規格の動向も踏まえて解説いたします。 一方、実際に組織にBCPを構築する場合のプロセスやポイントを、首都直下地震を想定した机上演習を通して、BCPの策定にあたって必須のBIAやリスクアセスメントなどの構築プロセスを一通り体験していただくことを目的としております。

※本コースは「再割」対象コースとなります。

研修期間
・2017年2月20日(月)〜2月21日(火) 【中止いたします】

随時(講師派遣コース)
定員
20名様(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
参加費


フリーワード
カテゴリ
ここまで本文です